ENTRY
先輩社員の言葉

入社理由

「人の夢をサポートしたい!」

僕は学生時代、とあるテーマパークで働いていました。遊びに来るお客様は老若男女、様々な人がいます。その人たちにハピネスを届けることが僕らの使命でした。その空間ではみんなが笑顔で楽しそうにしていました。そのとき私は夢というものの素晴らしさに気づいたのです。

その影響もあって就職活動では、人とたくさん関わる仕事につきたいという軸を立てました。大学3年生の頃から就活をしていた私は、4年生になる前からすでに何社か内定を頂いていましたが、自分の人生に関わることでもあるので多くの出会いを求め、イベントにもたくさん参加しました。そんな中、出会ったのがフェローズです。 そろそろ就職活動を辞めようと思っていた、7月ごろにフェローズから電話があり、うちを受けませんかとお誘いを頂きました。この会社で就職活動を最後にしようと思い、参加した会社説明会。正直、3年生の頃から何人もの人事の方とお話をしていたので、つまらなかったらすぐ帰ろうと考えていました。笑

しかし、説明会で話してくれたのは人事の関口ではなく、代表の野儀でした。野儀が直々に2時間半ノンストップで会社の過去、現在、未来について熱く語ってくれました。多くの企業の説明会では、人事が会社について語っています。でも、会社のことを決める意思決定をするのは社長です。熱意を持って会社について語ってくれた野儀にいつのまにか惹かれていました。「この会社なら社員全員同じ目標に向かって働ける!」そう感じたのです。

また野儀は、説明会の中で昨今の小学生の将来の夢についても説明してくれました。今の小学生のなりたい職業ランニング第1位は「YouTuber」だそうです。その瞬間僕は「フェローズに入り、クリエイティブ産業の発展に貢献をしたい」「今の小学生が夢を叶えられる環境にしていきたい」と思ったのです。 そのため僕はフェローズに入社することを決めました。

今、僕はブロードキャスト&ビジュアルセクション(映像)に所属しています。毎日多くの人たちとお話をしていますが、いつか、僕が担当したスタッフさんが「奈良さんのおかげで夢を叶えられました!」と言ってもらえる日がくることを楽しみに毎日頑張っています!

やりがい

大人化が早い、ダブルサイドエージェント!

フェローズの強みはずばり、ダブルサイドエージェント! ダブルサイドエージェントとは、スタッフさんとクライアント、どちらの窓口も1人のエージェントが担当するということです。そのことによって、ロスの少ないコミュニケーションと素早い情報共有ができます。ただ、単純に考えて業務量も2倍になるので、正直大変です。

でも、このことをプラスに考えると、他の営業マンより2倍の経験値を早く積むことができるということにもなります。フェローズでの仕事は考えることや、責任を負うことが多いので大人化が早いです!(ちなみに大人化とは代表の野儀がたまに使う言葉でして、つまり成長スピードが早いということです。) 誰よりも早く成長したい人、ぜひ待っています!僕と一緒に切磋琢磨していきましょう!

そんな大人化の早いフェローズの仕事ですが、僕の中のやりがいは「一緒にスタッフさんの夢を叶えられること」です!

入社理由でも書きましたが、僕はブロードキャスト&ビジュアルセクションという映像の部署に所属しています。そのため、お仕事を紹介する人の中には、将来ディレクターやプロデューサーになりたいという人たちが多いです。そういう人たちは基本的にAD(アシスタントディレクター)からスタートします。僕と同世代の人たちが多くはなってきますが、中には一回り以上年上の人などもいらっしゃいます。どんな人であれ、共通していることは熱い夢を持っていることです。僕はそんな夢を聞くことがとても好きですし、絶対に一緒に叶えたいと思っています。 僕の夢は、僕がきっかけとなりお仕事を紹介したスタッフさんが、将来番組を作り、作り上げた作品を見ることです!そんな日がいつかきてくれると思うととてもワクワクします!

自分がお仕事を紹介することで、人の人生が大きく左右します。それはとても責任感がいることです。ただその分、感謝してもらえることも多いですし、やりがいをたくさん感じます。その人の記憶に残る、困ったら奈良さんに頼もうと言ってもらえるようなエージェントになることが今の僕の目標です! 皆さん是非、僕と一緒に夢を届ける仕事を楽しみましょう!

先輩社員の写真

他の先輩を見る