短編映画 がんぱれ

FELLOWS ブランデッドムービー

短編映画「がんぱれ」は株式会社フェローズが制作したブランデッドムービーです。 フェローズは、クリエイター(映像制作・WEB・グラフィック・ゲーム・アニメ・空間・プロダクト等)の紹介・派遣等に特化した、人材マネジメントサービスを提供する企業です。この映画は、そんなクリエイターであるドラマ制作会社のAD(アシスタントデレクター)が主人公の作品です。 彼らのように、未来のトップクリエイターを目指して頑張っている若者たちを応援する気持ちを込めて、「がんぱれ」を制作いたしました。

フェローズ

ストーリー

栄太とあばあさんのシーン

ドラマ制作会社のAD九里栄太(小池亮介)は、毎日撮影現場で奮闘しているが、直属の上司(プロデューサー)の真田スミレ(広山詞葉)、栄太にはとても厳しい。 仕事が忙しく、姉の結婚式にも出席することができず、彼女とのデートもキャンセルするしかなかった。

仕事にやりがいを見出せない栄太は、田舎から出てきた祖母・九里百合子(大沼百合子)や、ドラマの監督・寺本十蔵(奈良坂潤紀)にグチをこぼすことしかできない。 ドラマクランクイン前夜、スミレと栄太が徹夜覚悟で準備をし ているところに、栄太に一本の電話が。 それは祖母が倒れたという連絡だった。

がんぱれ 名場面

キャスト

キャスト紹介

スタッフ・エンディング

  • 監督・脚本 四季涼
  • 音楽 : 丸茂睦
  • 撮影:JUNPEI SUZUKI 枝元雄樹
  • 録音 : 久野貴司
  • 照明 : 加藤桂史
  • 衣装 : 大森茂雄
  • ヘアメイク : 柴田広美
  • タイトルデザイン : 志岐和美
  • 助監督 : 阿部紋子
  • 制作応援 : 間渕華
  • 編集 : 高瀬秀芳
  • 効果・MA : 吉方淳二
  • 原案 : 野儀健太郎 志岐誠
  • チーフプロデューサー : 志岐誠
  • プロデューサー : 前田光治

エンディング曲

渡梓『 空に唄えば 』
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

長野県出身。自ら作詞・作曲を手掛け、現在は長野県を拠点に国内外で活動中。映画『カノン』の主題歌「セピア」を含む1stアルバム『WATARI AZUSA』でメジャー・デビュー。2018年、自身がプロデュースするクリエイターチーム「STAY SHINANO CLUB」を設立。オリジナリティー溢れる独自の音楽は常に進化を続けている。

渡梓(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

FERROWS ブランデッドショートムービー『がんぱれ』(19分)
※画面をクリックしてご覧ください。

田澤葉
ページのトップへ戻る