東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

クリエイターの声

映像ディレクター 植田 章裕さん
厳しい映像業界。好奇心を持って飛び込める人が向いている。 映像ディレクター 植田 章裕

第一回目は、テレビの「映像ディレクター」。もともと映画への興味から映像業界に入り、現在は(株)TBSビジョンにて『王様のデザート』や数々の企業プロモーション番組を手がける植田 章裕氏。ADからスタート後、今や映像ディレクターとして映像業界の最先端にいる植田氏に業界のあれこれや、映像への情熱をうかがった。

2008年12月取材

映像ディレクターという仕事

植田さんは、現在テレビの最前線でご活躍されていらっしゃいますね。

v_01_02 植田(以下U):TBSにて毎週土曜日に放映される『王様のブランチ』の後の『王様のデザート』という1分程のレギュラー番組の映像ディレクターをしています。eコマーシャルとかパブリシティ枠といって、新商品やアミューズメントスポットを紹介するCM番組です。その他にも、TBSだけのローカルCMなど、単発のCM番組も作っています。

「映像ディレクター」は、実際にどんなことをするんですか?

U:ディレクターは、全ての作業に目を通さなければいけません。まず、TBSの営業局から案件が来るのですが、その案件について広告代理店とクライアントと打ち合わせをし、台本やスケジュールも組んでロケに行きます。その後の編集作業では、映像のエフェクトやテロップの種類まで考えますし、声音などの音の調整とチェックもします。『王様のデザート』はレギュラーで何年もやっているので、案件が来てから約2週間くらいで作ります。ロケは、スタッフもタレントも大人数で行くので一番楽しいですよ。今までで一番思い出に残っているのは、富士急ハイランド。ジェットコースターとか、みんなが楽しんで乗ってました。僕は下から手を振るのが精一杯で(笑)。

TBSビジョンでディレクターってすごい。狭き門な気がしますが・・・

U:元々は映画監督になりたくて、専門学校で舞台や演技を勉強していたんです。卒業後は、フリーランスで映画制作の仕事に就きました。映画制作は、横の繋がりができたりして、とても刺激的な毎日でした。ただ、フリーランスという立場で仕事をしていると、ひと作品完成後の次の仕事を自分で探さないといけないんです。ある時、この働き方は長くは続かないと思い、次へのステップアップを考え始めました。それで、求人誌「フロムエー」を買い続けていた時に、クリエイティブ業界専門の派遣会社、フェローズを見つけたんです。

フリーランスって自由なようで、社会的な保障の面では確かに不安ですよね。現在のTBSビジョンでのお仕事も、その派遣会社の紹介ですか?

U:そうですね。登録後、最初に打診されたのはNHKでした。ただ、フェローズ社長の野儀さんと先方に仕事の内容や条件など聞きに行ってみると、自分の希望とは違うものだったんです。その時に、野儀さんに、「自分のやりたいことじゃないんだったら断ってくれていいですよ。」って言われました。会社としては、登録者がそこで働いてくれた方がよかったんだと思いますが、野儀さんは僕のやりたいことを汲み取ってくれていたんです。この会社は信頼できると思いました。その後に来た話が、今のTBSビジョンでした。

1 2 3

一覧へ