東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

仕事・資格図鑑

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーグラフィックデザイナーとは、私達の身の回りに存在する雑誌・新聞・広告・CDジャケット・ポスター・パッケージ・ファッション・インテリアなどのデザインをする仕事です。また、ゲーム関係の一部(ゲームのキャラクターや背景の制作など)を扱ってる人もグラフィックデザイナー と言う場合もあります。メーカーや広告代理店、あるいは社内の企画担当者から依頼を受け作品を作ります。(商業デザインを指すため、画家とグラフィックデザイナーは区別されます。)アートディレクター、エディトリアルデザイナー、写真家などと共に作品を作る場合もあります。 Photoshop、Illustratorなどのグラフィックソフトを用いるのが主流です。実際のデザインワーク以外に、商品のコンセプトを決める会議に参加したり写真撮影に立ち合ったりと、企画・制作に参加する場合もあります。
クライアントからの要望にしっかりと応え、決められた納期までの限られた時間の中で作品を作る仕事です。納期がせまると予定が詰まり忙しくなりがちですが、その大変さよりも自分の作品が世に残ることの喜びのほうが大きいのだとか。広告デザインをはじめ、書籍等の表紙、看板などのデザインを企画・制作し、そのデザインを通して情報を伝える仕事をしている人たちをグラフィックデザイナーと呼びます。広告代理店や出版社からの依頼により、企画内容・コンセプト・ターゲットなどを確認し、デザインの作成を行います。
印刷会社やデザイン事務所に就職する人もいれば、経験を積んでフリーとして独立したり、自らデザイン事務所を立ち上げる方もいます。
完成させたデザインでも依頼主が気に入るまで修正を何度もくりかえすので、デザインのセンスはもちろん、忍耐力も必要です。また、チームで行うときは周りのスタッフと協力して取り組む、クライアントの意図を理解する、コミュニケーション能力も大切になってきます。
就業に特別な資格は必要ありませんが、配置や配色などの知識と美的センスにかかっています。レイアウトや色彩、フォントまたはIllustratorやPhotoshopの本格的なデザイン・ソフトの基礎知識は必要だと思われます。

関連資格

・Illustratorクリエイター能力認定試験
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・色彩検定(R)2・3級
・DTPエキスパート

一覧へ