東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

聞くは一時、聞かぬは一生

Q325 SEMとは何ですか?

SEOとSEMの違いがよく分かりません。SEMとはどのようなものなのでしょうか?

A325 SEMとは、検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法のことを指します。

SEMとは、Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略語であり、検索エンジン経由で訪れるWebサイトへの来訪者や、サイトへ来訪したユーザーから得る利益を増やすための、検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法のことを指します。主にGoogleやYahoo!といった検索エンジンから、ユーザーを自社のwebサイトに呼び込むことを目的としています。

SEMの代表的なアプローチとして、検索エンジンの結果ページの上位に表示されるような取り組み(いわゆるSEO:検索エンジン最適化)や、検索エンジン連動型広告(リスティング広告)などが挙げられます。

検索エンジンを利用するということで、SEOとSEMを混同される方も多いですが、SEOはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称で、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したものです。

加えてリスティング広告は、「Google」と「Yahoo! JAPAN」の2大検索エンジンがメジャープレイヤーであるサービスで、主に検索したキーワードに応じて表示される広告のことを指します。検索キーワードに対応して広告が表示されるため、一般的に検索連動型広告と呼ばれています。
広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、実際にユーザーがクリックすることで課金されることが特徴です。

上記2つに加え、画像検索や動画検索など、あらゆる検索方法に対する施策もSEMに含まれます。近年では、YouTube動画が 検索結果 に表示される場合も多いため、 テキスト 記事だけでなく動画の マーケティング 施策も考慮する必要があるようです。

検索エンジン で検索を行う ユーザー は、何かしらの情報を知りたいというニーズがあるため、その ニーズ に合った情報を届けることができれば コンバージョン に繋がる確率が高くなります。自社がターゲットとする ユーザー が求めているものは何か、どのように調べるのか、どのような表現であれば見たいと思われるのか。このような視点を念頭においたうえでそれぞれの施策に取り組むことがSEMの本質です。