東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

聞くは一時、聞かぬは一生

Q213 Excelの数式に入る$マークの意味はなんですか?

Excelで表を作っているとき、計算式を入れたセルをコピーしたら数字がおかしくなってしまいました。 同僚に聞いたら「絶対参照にすればいい」と、どこかボタンを押して$マークを付けていたのですが、これはどういう意味でしょう?

A213 数式の参照先を固定するマークです。参照には「絶対参照」「相対参照」があります。

Excelの計算式!
確かに、コピペした時に「一緒にずれてほしいもの、欲しくないもの」がありますよね。
これを便利にコントロールできるのが「絶対参照」と「相対参照」の指定です。
ポイントは、キーボードの上部にあるボタン「F4」です!

では、下のサンプルを見てください。
備品購入表です。

聞くは一時213-1

小計欄にC6*D6と入れて、下方向にコピーすると、それぞれ、1列ずつ下の計算を行いC7*D7、C8*D8・・・となって行きます。
これが相対参照です。基準がずれれば、式の参照先も相対的にずれていきます。

では、この表の「小計」に「消費税」を掛けてみましょう。
でも、消費税は変わるかもしれないので、一括で変更できるように、右上に消費税を入力するセルを用意して1.05と入れました。 税込の計算式は D6(600)×F3(1.05)ですね。
そしてこれも、先ほど同様下方向にコピーすると・・・

聞くは一時213-2

はい、おかしくなりました。
これは、先ほど同様、相対的に1列ずつ下の値を参照して計算していくためです。 例えばシャープペンの行では、『税込』欄の式は
E9(750)×F6(630)
になってしまっている訳です。

これは困りますね!かといって、1行ずつ式を入れていくのは面倒くさい。 要するに、小計にかける消費税のセル「F3」を固定してしまえばいいのです。

そこで登場するのが『$』マーク!絶対参照です。
今回は、F3の、行(F)も、列(3)もずらさない。
だからずらしたくないモノの前に、それぞれ$(半角ですよ)を入れました。
それを下方向にコピーしたものが下の表です。

聞くは一時213-3

無事、コピーできましたね。 「小計」部分は、1行ずつ下にずれていますが、かける先はF3の1.05のままです!

今回は、行と列、両方に$マークを入れましたが、どちらかだけに入れることも可能です。 行はずらしたくないけど、列は相対的にずれてほしい・・・なんてこともできるのです。

ちなみにこの$マーク、いちいち手入力しなくても、セルを選択した状態で、キーボード上部の「F4キー」を押すと勝手に入力されます。

1回押すと
$F$3 行列ともに固定(絶対参照)
2回押すと
F$3 上から3行目、と言う事だけ固定(絶対参照)
3回押すと
$F3 左から6列目のF、という事だけ固定(絶対参照)
4回押すと
F3 相対参照に戻る

これは便利です! 既に式を入力してしまった後でも、数式の中の固定したい部分だけ選んで「F4キー」 を押すと、参照を固定することができます。

単純な表計算のときは、あまり意識しないことかもしれませんが、データを検索する 関数(VLOOKUPなど)を利用する際などには必要不可欠です。
是非、覚えておいてください!