東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

聞くは一時、聞かぬは一生

Q198 セカンドスクリーンとは何ですか?

「セカンドスクリーンの開発」という求人がありました。 セカンドスクリーンとは何ですか?

A198 テレビなどを見ながら、スマホなどの画面で楽しむ「二番目のコンテンツ」です。

「テレビ見ながらごはんを食べるのはやめなさい!」
「テレビを見るかゲームをするかどちらかにしなさい!」
と子供の頃に怒られた記憶はありませんか?

でも、この「セカンドスクリーン」は、まさに「テレビを見ながらスマホをいじる」「DVDを見ながらパソコンをいじる」といった「●●を見ながら」見る2番目のスクリーンやコンテンツを指しています。 データ放送なども含めて「マルチスクリーン」と表現したり、概念として「放送と通信の融合」と言われることもあります。

実際、スマホやタブレット片手に、テレビや動画などを視聴している方も多いのではないでしょうか? この行動様式を活かして、テレビ番組などと連動したコンテンツを提供し、新しい番組の楽しみ方を提供する「セカンドスクリーン」が、今、高い注目を集めているのです。

例えばスポーツ中継であれば、セカンドスクリーンでは、出場選手のプロフィールや、これまでの試合の流れ、関連するリンクなどの基本情報の他、試合に関するツイートやSNS、リアルタイムアンケートなども表示され、参加できます。 まさに「番組を楽しむためのコンテンツ」というワケです。

このセカンドスクリーンを提供することで、テレビ局側はいわゆる「テレビ離れ」を抑止することができますし、提供企業の広告を表示して付加価値を高めることもできます。また、番組ファンのコミュニティを形成して、継続的なPRを行うことも可能になります。

この春からは、本格的なセカンドスクリーンでの視聴者参加型番組も増えています。
(ページ下部リンク参照)
今後、スマートテレビが普及し、テレビにネットワーク回線を接続するのがスタンダードになれば、セカンドスクリーンの中身や、提供(受信)方法も変わってくるかもしれませんね。

ここまで、テレビを中心にご説明してきましたが、セカンドスクリーンには、DVDやBlu-rayと楽しむものや第三者が提供する勝手アプリなど様々なものが存在します。

下記にセカンドスクリーンの一例(2013年4月時点)をご紹介しますので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

日本テレビ ソーシャルエンターテインメントサービス
『JoinTV』 https://www.jointv.jp/
TBS セカンドスクリーン連動の大型エンターテインメントショー
『ジンロリアン~人狼~』公式サイト http://www.tbs.co.jp/jinrorian/
『リアル脱出ゲームTV』公式サイト http://www.tbs.co.jp/realdgameTV/
フジテレビ セカンドスクリーン視聴用スマホアプリ『フジテレビアプリ』

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/s/130201-s005.html

関西テレビ セカンドスクリーン連動レギュラー番組
『モテモテかんぱにー R25』公式サイト http://www.ktv.jp/motekan/
ディズニー 『ディズニー・セカンド・スクリーン』

http://disney-studio.jp/secondscreen/

GREE emocon-友だちとテレビ番組を楽しむアプリ

http://emocon.me/