東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

聞くは一時、聞かぬは一生

Q177 Adobe Creative Cloudってどんなもの?メリット・デメリットは?どう選べばいい?

Adobe Creative Suite 6が発売になりましたが、その中でAdobe Creative Cloudという新サービス?が紹介されていました。これはどのような購入方法なのでしょうか? メリット、デメリットは何でしょう?

A177 最新のAdobe製品を月額費用で利用できるサービスです。使うスタイルで選びましょう!

Adobe Creative Suite 6の発売と同時に話題になったのが「Adobe Creative Cloud」。
従来、Adobe製品の購入は
・パッケージ購入(アップグレード含む)
・ダウンロード購入(アップグレード含む)
の2種類の方法から選べましたが、これに新しい購入(使用)方法として登場したのが「Adobe Creative Cloud」です。

ユーザーは、Adobe Creative Cloudにメンバー登録し、月額使用料を支払うことで 常に最新版のAdobeソフトをダウンロードし、使用することができます。
料金プランは下記の通りです。(2012年6月1日現在)

———————————————
▼年間契約
1ヶ月5,000=1年間60,000
▼年間契約(CS3~を持っている場合、当初1年間)
1ヶ月3,000=1年間36,000
▼月間契約
1ヶ月8,000
▼アカデミック版
1ヶ月4,000
———————————————

聞くは一時177-1
メリットとしては
・アップグレードが不要(常に最新版が提供される)
・1ヶ月単位で利用可能(たまにしか使わない方、期間限定使用の方に)
・すべてのAdobeアプリケーションを利用可能
・低価格からスタートできる
・ストレージサービスなども月額料金内で使用でき、データ共有できる

デメリットとしては
・長期的に同一バージョンで使用する場合は割高
・使うソフトが限られている場合は割高
・ネットワーク認証が必要
・古いバージョンを使い続けたい場合の対応は未定??

クラウドなので、何台でも利用可能?と思いきや、ここは他のパッケージと同様、インストールは2台まで、同時起動はできないという制限があるそうです。

実は、この「Adobe Creative Cloud」の発表と同時に、Adobeはもう一つ大きな発表をしています。
それは、アップグレードできるバージョンの制限。
従来は3バージョン前までアップグレード価格で購入できていたのを、1バージョン前までに限定するそうです。 つまり、アップグレードを1バージョン見送ってしまうと、次は新規購入価格で購入をしなくてはいけない!!
・・・こちらの方が、従来のユーザーにとっては重大な発表だったりしませんか?

このことにより、ユーザーは
・一つのバージョンを購入して、元が取れるまで使い倒す
・Adobe Creative Cloudを利用して、常に最新版を使う
のどちらかを選ぶ形になってゆくのではないかと思います。

ちなみに、殆どのCreative Suite 6が使える「Master Collection」は334,950円。
Adobe Creative Cloudで換算すると、約6年使わないと元が取れない計算です。
これを高いと見るか、安いと見るか。 でも、全てのAdobeソフトを使用する人は限られていますし、大きな変更が無い限りアップグレードをしない人も多いはず。 個々の使い方によって、考え方によってどちらを選択するかが決まってきそうです。

ご興味のある方は、Adobeのホームページでチェックを!
▼ http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html