東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

聞くは一時、聞かぬは一生

Q121 データを保存するメディアの選び方。容量の単位や書き込み速度とは?

HDDレコーダーや外付けHDDで「2テラ」の容量の商品を見かけるようになりました。 「テラ」とはどれくらいの大きさなのでしょうか? また、メディアごとの容量の目安や書き込み速度についても教えてください。

A121 1MB×1000=1GB、1GB×1000=1TB。書き込み速度は1倍=150KB。

ここ数年の外付けメモリやフラッシュメモリ、記録メディアの大容量化には目を見張るものがあります。
データ容量に対する価格も飛躍的に下がってきていますね。 これは、PCやメモリ利用機器(カメラ・ビデオ・携帯電話・音楽プレイヤーなど)のスペックが上がり、1ファイルあたりのデータ容量が大きくなってきたことに由来していると思われます。

ご質問の「テラ」は、「ギガ」に続く容量の単位です。
1MB×1000=1GB、1GB×1000=1TB。
地上波デジタル放送をハイビジョン画質で120時間強保存できる計算です。
(実際は録画モード、形式によって変わってきますので目安です)

現在発売されているメディアや機器の基本・売れ筋のメモリサイズは下記の通りです。

メディア・機器 定番・売れ筋容量 主な利用機器・目的
CD-R 700MB PC/PCデータ・画像・音楽データ保存
DVD-R 4.7G PC・AV機器/PCデータ・画像・映像データ保存
BD-R(ブルーレイ) 25G PC・AV機器/PCデータ・映像データ保存
USB 4G~16G PC・モバイル機器/データ保存・データの移動
SDメモリカード
(miniSD/microSD)
2G~16G モバイル機器/画像・音楽・動画・PCデータ保存
外付けHDD 320G~2T AV機器・PC/PCデータ・映像データ保存

ハードディスクや機器の規格にあったメディアや機器を選択するのが基本なので、メディアの選択にそれほど頭を悩ますことは無いと思いますが、CD-Rなどのディスクに関しては、規格も様々なので購入の際は注意が必要です。

また、メモリには「書き込み速度」「転送速度」という条件もあります。
CD-Rなどのディスクには「●倍速」「●×」という表記がありますね。
この倍速の基準は「1倍速=150キロバイト/1秒」となっています。
ですから、「16倍速=2400キロバイト/秒」となり、700MBのCD-ROMを満タンにするのには5分弱の時間がかかるということになります。

この書き込み速度に関しては、メディア側だけでなく、機器側、ソフト側との兼ね合いで速度が決まってきますので、自分のスペックに合ったものを購入すればよいでしょう。

一方、USBや外付けHDDの場合は転送速度として「1秒にどれくらいのサイズのデータを転送できるか」が明記されています。早ければ早いほど、データの保存・読込が早くできるということです。
特に映像メディアなどは圧縮形式、転送速度によってデータの保存にかかる時間が大幅に変わってきますので、是非、ご自身の機材の基本スペックは把握しておいて下さい。