東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

フェローズe-ラーニングログイン

HTML5とは何でしょう?

「HTML4の次だから『5』。」

ということで、現在のWeb標準となる「HTML4」の後継となるのですが、実はタグなどが“かなり”様変わりしています。

「HTML4」は主に「マークアップ」の為の仕様でした。

■マークアップ言語

コンピュータ言語の一種で、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。
文章に対するそれらの指定をマークアップ (markup) と呼び、マークアップを記述するための文字列をタグ (tag) と呼ぶ。
ウィキペディアより

一方「HTML5」には「DOM」」の仕様が強化されています。

「DOM」とは

■DOM (Document Object Model)

W3Cから勧告されている HTML文書やXML文書をアプリケーションから利用するためのAPIである。
ウィキペディアより

もちろん「HTML4」も「DOM」であり、ご存知の様に「タグ」によって文書構造を知ることが可能です。
つまり JavaScript等でデータとして扱うことが可能であり、様々なWebアプリケーションを実現することができることになります。
ここで言う「JavaScript」と「HTML5」の架け橋を意味するのが「API」になります。

■API (Application Programming Interface)

アプリケーションから利用できる、オペレーティングシステムやプログラミング言語で用意されたライブラリなどの機能の入り口となるものである。
主に、ファイル制御、ウインドウ制御、画像処理、文字制御などのための関数として提供されることが多い。
つまり、簡単にいえば、アプリケーションをプログラムするにあたって、プログラムの手間を省くため、もっと簡潔にプログラムできるように設定されたインターフェースの事である。
ウィキペディアより

解る様な、解らない様な・・・。

「何か言葉でごまかされている感はありますかね。」

整理しますと

「HTML4」は「DOM」という仕様に従っている。

「DOM」とは文書構造を示す仕様のことである。

「HTML4」は「DOM」によって文書構造を知ることが可能である。

「DOM」を「API」としてプログラムから操作することが可能である。

という感じでしょうか。

これまで JavaScript等でWebアプリケーションを実装する際、「HTML4」の仕様に従ってマークアップされたHTML文書上で様々なAPIを使ってきました。
しかしながら、それらのAPIはW3Cの様ないわゆる「標準化団体」が規定したものばかりではありませんでした。

これは・・・

ブラウザごとに異なる操作が必要な原因?

「とも言えますね。」

各ブラウザは独自に決めた機能も多く存在してきたのは、皆さんも経験してきたのではないでしょうか?
(つらい目にあった方も少なくない?!・・・のでは?)

シェアの多いブラウザの機能が、いつしかグローバルスタンダードになりますが、それはけして「公式」なものではありません。

そこで

HTML5 として改めて仕様として規定しよう!

ということになります。

ゴチャゴチャになってしまった HTML4 を整理したものが HTML5。

「勿論それだけではありません。」

せっかく規格化するのですから(?)、さらなる恩恵もちゃんと用意されています。

かつては何らかのプラグインを使わなければ出来なかった機能が
プラグインなしで実現可能に!

例えば「swf」などのフラッシュデータを再生するにはFlashPlayerのプラグインが必要でした。
そういったプラグインをしなくても動画などの再生が実現できるということです。

どういったものがあるかと言うと(後日登場予定)

「Canvas」
→Webページにビットマップを描画するためのAPI。

「Video」
→Webページに映像を表示するためのAPI。

等があります。

さらには

かつてはプラグインを使っても出来なかった機能が実現可能に!

デスクトップからのドラッグ&ドロップ等も可能になります。(これも後日あらためてご紹介する予定です)

Webの可能性が広がりそうですね!

「その分、規格は厳密になっています。」

これまで当たり前の様に使ってきた「windowオブジェクト」や「documentオブジェクト」も、実は標準化されたものではなかったのですね。

「WHATWG」と呼ばれるコミュニティーにまとめられています。

■WHATWG (Web Hypertext Application Technology Working Group)

Webの発展に関心を持った人々のコミュニティー。
主に HTML と Web アプリケーションに必要な API の開発にフォーカス。

URLは↓ですが、残念ながら(?)英語になります・・・。

WHATWG HTML5

また、W3Cでも WHATWG と連動した仕様書が用意されています。

W3C HTML Canvas 2D Context
W3C HTML5 Web Messaging

ところで 各種API というのは勝手に使ってよいの?

「オープンです。」

オープンというのは

・ロイヤリティフリーが原則
・仕様が全てオープン

ということですから、思う存分活用しましょう。