東京本社 TEL : 03-5728-5580

支社連絡先一覧

mypage

フェローズe-ラーニングログイン

「あ~、こんな似たようなページを次から次へと作りたくない!」

「こんなことを感じたことはありませんか?」

そして、それらが

 

 何かを元に規則的に作られているページ

 

であった場合。
人間の単純作業は必ずしも効率的ではないかもしれません。

 

 何らかの手段で「データ化」できないのだろうか?

 

それが『データベース』への入口です。

ところで『データベース』って何?

「ワードとしてはよく聞くことがあると思います」

それは・・

 

 データを管理すること

 

を言うのではないか?
では、

『データ』って、そもそも何?

「それを考えるにあたり『データ』と『情報』について考えてみます」

 

 ■データとは?

 

  客観的な事実を「数値」「文字」「図形」「画像」「音声」等で表したもの。

 

「雨が降っています。」
「りんごの在庫は100個あります。」
「みかんの値段は100円です。」

といった客観的事実が『データ』です。
一方

 

 ■情報とは?

 

  ある特定の目的について、適切な判断を下したり行動の意志決定をするために役立つ資料や知識。

 

「雨が降っているから傘を持っていこう。」
「りんごの在庫は100個あるから注文しなくても大丈夫だ。」
「みかんの値段は100円か…。 じゃあ買おう。」

『データ』に基づいて判断を下すことで『情報』としての価値が生まれます。

最終的にサイトの閲覧者が欲しいのは、実は『情報』であり『データ』ではありません。
しかしながら

 

 価値ある『データ』がなければ有益な『情報』を得ることはできません。

 

 

その『データ』を正しく持つための手段が『データベース』と言うことができます

「価値あるデータとは何でしょう」

それは

 正確性  基本ですね。
データが間違っていると話になりません。
 整合性  いつのデータか。 適切な時点でのデータでなければ意味をなしません。
 最新化  タイムリーなデータが必要。 最新のデータが必要となる場合が殆どです。
 一元化  データは一箇所にまとまっているべき。 あちこちにあると使いづらいです。
 共有化  データは共有したい。 たったひとりのためではもったいない。
 安全性  共有するならば悪意から守られていなければならない。
 容易性  扱いが煩雑では使いづらいものになってしまう。
 可用性  必要な時に速やかに取り出せなければ意味がない。

ごく“あたりまえ”のことと感じるかもしれませんが、あらためて列挙すると「つい忘れてしまいがち」になることもあるのではないでしょうか。

 

これらの事を考慮してデータ管理ができるもの

「それが『データベース』です」

『データベース』にはデータの価値を保持する仕組みが組み込まれています。

 

 『データベース』を使うことで

 『データ』を価値あるものとし
 有益な『情報』を得ることができる。

 

 

データを単にファイル化しただけの『ファイルシステム』との違い

「価値を充たすだけのデータならば正しく『ファイル化』することで代替可能なのでは?」

それはそうなのですが、その手間を賄(まかな)ってくれるのが『データベース』なのですね。

ただファイル化しただけでは扱う側がファイルの物理構造を意識しなければなりません。
データの構造が変わるたびにプログラミングの変更が必要になりますし、使う側のプログラムが常にファイルの管理を行わなければなりません。

こういった“面倒”なことを引き受けてくれるのが『データベース』です。

勿論『データベース』の規則に従う必要があります。
そして、それらはけして“簡単なもの”ではありません。

極小規模なデータ(個人的に使う小さな世界のデータ)であれば『ファイルシステム』で自分だけの世界にした方がはるかに簡単で効率的かもしれません。

『データベース』は

 

 中規模~大規模なデータを扱う場合

 

に検討する意味がでてきます。

『データベース』の多大な恩恵を受けるためには少しばかりの努力が必要となります。

必要なデータを見やすく抽出したい

「こういった場合も威力を発揮します」

『データベース』でデータを抽出する際には様々な抽出法が用意されています。

 

 ・ある項目の値が 100 であるデータだけ抽出する

 ・ある項目の値が 10以上であるデータだけ抽出する

 ・ある文字列を含むデータだけを抽出する

 ・抽出データが複数の時、新しいもの順に並べる

 ・抽出データが複数の時、とある項目のあいうえお順に並べる

 ・抽出データが複数の時、とある項目の数値が大きい順に並べる

 

など

 

 必要なデータを、見やすく取り出すことができます。

 

 

これだけでも“魅力的”な感じがしませんか?